小林製薬のエクオールサプリ「醗酵大豆イソフラボン エクオール」

 

小林製薬から、エクオールのサプリメントが発売されましたね。

 

 

小林製薬の栄養補助食品「醗酵大豆イソフラボン エクオール」は、メーカー価格2,500円(税込2,700円)

 

全国の薬局・薬店・スーパーなどで購入できます。

 

命の母マークがついて、更年期世代にアピールしていますね!

 

 

1袋30粒入りで税込2,700円ですが、Amazonで、2,000円くらいで入手できます。
お安いですね!

 

あまりにお安いと、成分が気になります。ということで、チェックしてみました。
 

醗酵大豆イソフラボン エクオールの成分をチェック!

 

(製造時、1日目安量あたりの含有量)

発酵大豆イソフラボン(エクオール含有):28.0mg
ブラックコホシュエキス:12.0mg
酵素処理ヘスペリジン:31.3mg
テアニン:25.0mg
粉末還元麦芽糖:90.7mg
結晶セルロース:81.8mg
グルコース:28.0mg
シクロデキストリン:12.0mg
ステアリン酸カルシウム:6.4mg
微粒酸化ケイ素:4.8mg

栄養成分表示<1日目安量(1粒)あたり〉

エネルギー 0.72kcal
たんぱく質 0.041g
脂質 0.0083g
糖質 0.17g
食物繊維 0.083g
ナトリウム 0.0039~0.39mg
カルシウム 0.086~0.86mg

エクオール 2.0mg
テアニン 25.0mg

 

とのことなのですが・・・。

何とも、表現が曖昧なのが気になります。

 

醗酵大豆イソフラボン エクオールが推奨する、1日の目安量としては、1日1粒なんですね。

 

すると、上記にありますように、1粒あたりのエクオールの量としては、2.0mgです。

 

「発酵大豆イソフラボン(エクオール含有):28.0mg」と表示されていますが、これは消費者に誤解を産む表記では?と思ってしまいました。

 

AMC社エクオールサプリと、大塚製薬のエクエルは、1日の目安量として10mgのエクオールを摂れるようになっています。

 

同じく10mgのエクオールを摂ろうと思ったら、小林製薬のエクオールサプリの場合、5倍、つまり2000円x5=10,000円かかるということ!?

 

もちろん、小林製薬さん的には1日1粒と言っているのですから、1日に5粒も飲まれて何か問題が起きたら困るわけで・・・。

 

でも、1日の目安量で飲んでいたら、2mg のエクオールしか摂れないのが現実・・・。

 

AMC社さんや大塚製薬さんのエクオールの5分の1の量のエクオールです。

 

あまりにお安いサプリメントは、それなりというか、こういったカラクリがあるので気を付けましょう。

 

>>>Top page