女性ホルモンによる体に不調の改善に効果的と言われるエクオールですが、その効果に対しては懐疑的な意見があるのも事実です。

 

実際のところ、エクオールは女性にとっての効果はないのでしょうか。

 

疑問に思っている女性

 

エクオールには効果がないと言われる理由

女性の体のあらゆる機能をコントロールしている女性ホルモンは、加齢や不規則な生活習慣によって減少します。

 

女性ホルモンの減少によって起こる症状は人によって違いますが、いずれの症状も女性ホルモンの働きをサポートすれば改善効果が期待できます。

 

その効果があると言われるのがエクオールですが、これはイソフラボンに含まれる成分と腸内のエクオール産生菌によって合成されて作られます。

 

大豆イソフラボンからエクオールを作るメカニズム

 

エクオールはエストロゲンの代わりに働くので、分泌量の不足で起こる症状を緩和すると言われています。

 

その効果が嘘だと言われるのは、実はエクオールを作れる人と作れない人がいるからです。

 

作れない人は当然エクオールの働きを得られませんから、イソフラボンを摂っても効果がないと言われるのです。

 

エクオールの効果を嘘にしないためには

 

イソフラボンは女性ホルモンの働きをサポートする効果があるというのは定説でした。

 

ただし厳密に言うと、イソフラボンを摂取してエクオールを作り出すことで効果が得られるのです。

 

腸内環境を整えてエクオールを作る

 

そのため体内でエクオールを作れない人は、イソフラボンをどれだけ摂取しても効果はみられません。

 

そこで最近注目されているのが、イソフラボンではなくエクオールをダイレクトに摂取出来るサプリメントです。

 

エクオールの配合のサプリメントであれば、体内で生成できないとしてもエクオールを取り入れることができるので、その効果もきちんと得られます。

 

ですので、今までイソフラボンを摂っていても不調やトラブルが治らなかったという方は、エクオールサプリメントを取り入れてみましょう。

 

エクオールの働きがないという情報を見てしまうと、イソフラボンやエクオールを摂取しても意味がないと思ってしまいますね。

 

ですが正確に言えばエクオールに効果がないのではなく、体内で生成出来ない人には効果がない ということなので、間違えないようにしましょう。

 

>>>トップページへ