エクオールと男性ホルモン

 

エクオールは、男性ホルモンにも影響を与えます。

 

前立腺肥大や薄毛などの症状は、男性ホルモンの分泌が激しい人がなりやすいと思われていますが、男性ホルモンであるテストステロンがジヒドロテストロンに変化することによって起こる症状なのです。

 

つまり、男性ホルモンの分泌が激しすぎることによって、男性ホルモンが減ってしまうのです

 

エクオールは、この男性ホルモンによって作られるジヒドロテストロンのはたらきを抑制する効果があります。

 

エクオールを体内で作ること、またはエクオールサプリメントを摂取することによって、薄毛や前立腺肥大などの症状を予防・改善することができるのです。

 


このようにエクオールは、女性の更年期障害を予防・改善するために効果があるということで注目を集めましたが、男性ホルモンにも多大な影響を与えるのです。

 

男性もエクオールを摂取すると良いことが

 

エクオールは、腸内細菌であるエクオール産生菌によって体内で作られます。

 

男性ホルモンが変化してできるジヒドロテストロンのはたらきを弱める効果がありますが、大豆イソフラボンを摂取することで、エクオールを作ります。

 

エクオールを体内で作れる人と作れない人がいますが、大豆製品を良く食べる日本人でも、約半数の人が体内でエクオールを産生することができないと言われています。

 

その理由は、腸内環境の悪さです。

 

現代はストレス社会や食の欧米化により、腸内環境が悪い人が多いです。

 

そのため大豆イソフラボンを摂取しても、充分な効果を発揮しないまま体外に排出されてしまいます。

 

腸は免疫力を司っていますので、食物繊維や乳酸菌などを積極的に食べて、腸内環境を良くしておくことで、男性ホルモンによる様々な体調の変化を抑制することができるというわけです。

 

>>>Top page