40代から50代くらいになると、ほとんどの女性が更年期障害に悩まされるようになります。

 

更年期障害の症状の緩和には、エクオールの効果が大変役に立ちます。

 

更年期以外にも、効果はいろいろあるのがエクオールの凄いところ。

 

ではそのエクオールの効果とは、どのようなものなのでしょうか。

 

エクオール効果4つのはたらき

 

エクオールの効果には、主に4つのはたらきがあります。

 

・女性ホルモンであるエストロゲンと良く似たはたらきをすること

・抗酸化作用があること

・乳がんの原因にもなるエストロゲンのはたらきを抑えるはたらきをすること

・男性ホルモンのはたらきを抑えること

 

 

女性にも男性にも嬉しい効果があるということですね。

エクオールは”スーパー”なイソフラボン

 

納豆などの大豆製品に含まれている大豆イソフラボンは、健康に良いとされ注目を集めていますが、それは大豆イソフラボンも女性ホルモンと同じようなはたらきをするということからです。

 

エクオールの効果は、この大豆イソフラボンが進化したような形であらわれているようです。

 

そのためスーパーイソフラボンとも呼ばれています。

 

エクオールの効果は、体内にエクオールを作り出せる腸内菌があるかどうかで効果が左右されます。

 

イソフラボンを充分に活用するためにも、エクオールが必要なのです。

 

エクオールの効果は、更年期障害にとどまらず、年齢的にも骨折や骨粗しょう症が心配になる年代ですので、骨を健康に保つはたらきがあります。

 

 

またダイエット効果や肌をキレイにするなどの女性に嬉しい効果もたくさんあります。

 

エクオールの効果は、体内でエクオールをつくることで発揮されますので、エクオールがつくれる体になることが求められます。

 

そのためには、ポイントが3つあります。

 

1.  大豆を毎日100g摂取すること

2. ストレスを溜めないこと

3. 食物繊維を積極的にとること

 

です。

 

納豆を1パック食べれば100g程度になりますし、睡眠をしっかりとって、ストレスや疲れを溜めないことが大切です。

 

また腸内環境を整えることで、ストレスに対抗するはたらきを強化することができます。

 

腸内環境を整えるには、ワカメなどの海藻やゴボウなどの根菜、エノキなどのキノコ類に含まれている食物繊維を食べることが効果的です。

 

これにより、太りにくい体質になりますし、お肌もキレイになります。

 

また女性だけでなく、男性にも効果があるエクオールは、男性ホルモンのはたらきを抑えますので、薄毛や前立腺がんなどの予防にも役立ちます。

 

ただし、男性の更年期障害の人は、男性ホルモンが減少していることが原因なので、逆効果になりますのでご注意ください。

 

またメタボが気になる方にもおすすめですので、夫婦そろってエクオールの効果を実感してみるのも良いでしょう。

 

>>>Top page