エクオールとは、腸内細菌の一種であるエクオール産生菌によって作られる成分です。

 

これは大豆製品に含まれているダイゼインという物質が、エクオール産生菌と結びつくことによって作られます。

 

つまりエクオール産生菌をつくることで、エクオールの効果を得られるというわけです。

 

では、エクオールが摂れる食品には、どんなものがあるのでしょうか。
 

エクオールが取れる食品はコレ!

 

それは大豆製品でもある納豆が一番良いでしょう。

 

納豆は発酵食品でもありますので、腸内環境を整えるのに最適です。

 

 

また、腸内環境を整えるには、食物繊維も重要です。

 

根菜類、海藻類、キノコ類、緑黄色野菜なども、エクオールが摂れる食品と言えます。
 

エクオールが摂れる食品

 

エクオールが摂れる食品をまとめると・・・

納豆

味噌

根菜類

海藻類

キノコ類

緑黄色野菜

 

という感じです。バランスの良い食事が腸の健康にとっても大前提となります。

 

 

エクオールが体内で作れない人もいる

 

エクオールが摂れる食品を食べても、体内でエクオールを作れない人もいます。実は意外なことに、日本人の約半数がそうだと言われています。

 

それは、食の欧米化が進み、日本食離れが原因と言えるでしょう。

 

とくに若い世代が好むようなジャンクフードや肉食、脂っこい食べ物もそれに当てはまります。

 

毎日野菜を多く摂り、発酵食品や大豆製品を積極的に食べることで改善は可能です。

 

 

エクオールを作るために必要な大豆イソフラボンは、1日しか効果が持続しないので、毎日食べることが必要なのです。

 

エクオールが摂れる食品は、日本人に馴染みの深い食べ物ばかりです。

 

漬け物、みそ汁などもその1つです。

 

日本人には日本食が一番体質に合っていますので、それが健康へと繋がります。

 

欧米人には欧米の、日本人には日本の食べ物が体に良いのです。

 

このように、エクオールが摂れる食品は身近にありますので、毎日積極的に食べるように心がけましょう。

 

>>>Top page