エクオールを摂っていると乳がんになるって本当?

 

エクオールを摂っていると乳がんになると言われています。本当なのでしょうか?

 

そのように言われる理由として、エクオールが女性ホルモンであるエストロゲンと似たようなはたらきをすることがあります。

 

このエストロゲンと似たようなはたらきをするのは、大豆イソフラボンも同じです。

 

そもそもエクオールは、大豆イソフラボンを摂取すると体内で作られます。

 

これが女性ホルモンと同じようなはたらきをするわけですから、乳がんになると言われているのです。

 

 

女性ホルモンの分泌が活発だと、更年期障害にはなりにくいですが、乳がんにはなりやすいと言われると、どちらの方が良いのかわからなくなりますね。

 

でもエクオールには、乳がんの発症を抑えるはたらきがあるのです

 

乳がんは、エストロゲンの過剰な分泌が原因と言われています。

 

しかしエストロゲンの分泌は、加齢とともに減少していくのです。そのため更年期障害などを引き起こします。

 

しかしエクオールを体内に作ることで、更年期障害の予防ができます

 

ではなぜ乳がんを予防することができるのでしょうか。

 

それは、エストロゲンの過剰な分泌をエクオールが抑えてくれるからです。

 

つまりエクオールは、エストロゲンの分泌が過剰な人には抑制をして、分泌が減少している人には増やすはたらきがあるのです。

 

結論として、エクオールを摂っていると乳がんになるというのは、正しくありません

 

またガンは免疫力の低下によって引き起こされる病気ですので、エクオールを摂ることで免疫力がアップするため、ガンになりにくいと考えられます。

 

免疫力を司っているのは、ズバリ腸内環境です。

 

腸内細菌であるエクオール産生菌が増えることで、エクオールを多く作ることができ、腸内環境が整って健康になるのです。

 

>>>Top page