エクオールとは、大豆イソフラボンと似たはたらきをする腸内細菌のことです。

 

大豆製品に含まれているダイゼインという物質が、腸内でエクオールを作ります。

 

しかし大豆製品を食べれば、誰でもエクオールが作られるわけではありません。エクオールを体内で作れる人と、作れない人がいるのです。

 

それは、その人の体質だったり、腸内環境の状態によったりします。

 


 

まずは腸内環境を整える

 

エクオールを増やすには、まず腸内環境を整えることから始まります。

 

腸内環境を整えることによって、ダイゼインがエクオールを産みだすのです。

 

つまり、日頃からお通じを良くしておくことが、エクオールを増やすことに繋がるというわけです。

 

 

エクオールの増やし方

 

大豆製品をいくら食べても、体内でエクオールを増やせる人と増やせない人がいます。

 

それは先ほども申し上げたように、腸内環境が整っているかどうかにかかっています。

 

大豆イソフラボンが体内でとどまっているのは1日ですので、せっかく大豆製品を食べても、腸内環境を整える前だとエクオールを増やすことはできません。

 

エクオールの増やし方は、腸内細菌を増やし、腸内細菌を活性化させることが重要です。

 

 

そのためには、細菌そのものを摂取するのがもっとも簡単でしょう

 

たとえば納豆や味噌は発酵食品ですので、腸内細菌を活性化させる細菌が多く含まれています。

 

お通じも良くなり、腸内環境を整えることができます。

 

その他にも、根菜類や緑黄色野菜を食べることで、食物繊維を摂ることができますので、腸内環境を整えることができます。

 

なお、大豆製品は毎日食べることが大切です。
 

2人に1人は大豆を食るだけではダメ・・・

 

重要なことは、エクオールの増やし方は、エクオール産生菌を体内に持っていないと、大豆製品を食べても増やすことはできないということです。

 

しかし毎日摂取することによって、体内でエクオール産生菌をつくりやすい環境に変化していくと考えられます。

 

腸内環境を整えることは、免疫力の向上にもなりますので、万病から身を守ることに繋がります。

 

エクオールの増やし方を実践して、年齢に負けない体を作りましょう。

 

>>>Top page