エクオール生産菌とは?

 

エクオール産生菌とは、大豆製品を食べることによって、ダイゼインという物質が体内でエクオールを作るために必要な腸内細菌のことです。

 

 

健康のために、大豆製品を食べるようにしていますか?

 

実は、このエクオール産生菌がないと、いくら大豆製品を食べてもエクオールの効果を充分に得ることができないのです。

 

大豆製品を良く食べる日本人は、エクオール産生菌が多いと言われていたのは過去のお話しで、最近はあまり摂らない人が増えています。

 

そのため日本人の約半数は、体内でエクオールを作ることができないと言われています。

 

では、エクオール産生菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか。

 

エクオール産生菌は腸内細菌ですので、腸内環境を整える食物繊維やお通じを良くする発酵食品を摂取すれば良いでしょう。

 

たとえば納豆、漬け物(発酵したもの)、キムチ、ゴボウ、ニンジン、エノキ、ワカメなどです。

 

エクオール産生菌を常に体内にあるようにするためには、大豆製品や食物繊維を毎日食べることが必要です。

 

そうして腸内環境が整ってくると、エクオール産生菌が自然と増えてくるはずです。

 

日本の代表食材とも言える大豆製品を食べて、エクオールの効果を得られる体になりましょう。

 

大豆には、体のあらゆる器官に必要不可欠なアミノ酸も含まれていて、人間にとってなくてはならないものです。

 

 

それと同時に腸内環境を整えることで、免疫力をアップさせ、お肌の調子を整えたり、更年期障害の予防や改善にも役立ちます。

 

腸が元気だと、体全体が元気になりますので、エクオール産生菌はとても重要な役割を果たしてくれるのです。

 

とくに女性は、年齢とともに女性ホルモンの分泌が減少していきますので、エクオールを作ることでそのはたらきを補うことは重要です。

 

エクオールは、女性ホルモンのエストロゲンと同じようなはたらきをすることで有名ですので、別名スーパーイソフラボンと呼ばれています。

 

>>>Top page