今、女性の間で話題を呼んでいるエクオール。

 

更年期障害を予防したり、免疫力を高めたり、美容にも効果があるとして注目を集めています。

 

大豆イソフラボンが、女性ホルモンと似たようなはたらきをするとして、更年期障害には大豆製品を食べると良いと言われていました。

 

しかしその効果を充分に得るためには、エクオールを体内で作れるかどうかにかかっています。

 

大豆製品を良く食べる日本人でも、約半数の人がエクオールを作れない体だと言われています。

 

ではどうしたらエクオールを作れる体になるのでしょうか。

 

それは腸内環境を整えることです。

 

エクオール 腸内環境

 

食物繊維を多く食べたり、善玉菌を増やすことで腸内環境は整います。

 

そうすると、腸内細菌であるエクオール産生菌をつかってエクオールを作ることができるようになります。

 

直接エクオールを摂取してしまおうという人は、大塚製薬から【エクエル】というエクオールサプリが販売されています。

 

 

 

大塚製薬は、独自に発見した乳酸菌によって、大豆胚芽を発酵させてエクオール産生菌を作りだすことに成功しました。

 

つまり大塚製薬が開発したエクオール含有食品は、体内ですることをそのまま製法として作り上げてから、サプリとして摂取できるものなのです

 

大塚製薬のエクエルは、香料や保存料を使用していないので、安心して摂取できるサプリです。

 

40代からのゆらぎ期を乗り切るためには、大塚製薬のエクエルが役立つことでしょう。

 

大塚製薬以外では、エクオールのサプリはそれほど多くありません。

 

もし手軽に始めたいと思うなら、大塚製薬のエクエルが良いでしょう。

 

女性の40代は、体の様々な変化を伴い、精神的にもつらい時期に差し掛かります。

 

更年期障害だけでなく、健康を維持するためにもエクオールを作れる体にすることが重要なのです。

 

>>>Top page