腸内フローラとは腸内細菌のことで、およそ100種類以上の細菌が、100兆個存在していると言われています。

 

 

重さにすると約1kgにもなると言われていますので、体重のうち1kgは腸内フローラでできているのですね。

 

人間の体は、菌がないと生きていけません。

 

もちろんそれは、良質な細菌です。

 

体内に菌があることによって、悪い菌と戦う抵抗力を強くするのです。

 

つまり免疫力を向上させる役割があります。

 

免疫力は、腸内環境を整えることで強化でき、そのために腸内フローラが非常に重要になるというわけです。

腸内フローラの状態によって健康状態が変わる

 

腸内フローラの状態を良くしておくことで、健康を保つことができます。

 

しかし腸内フローラの状態は、生活習慣やストレス、年齢などによって悪化していきます。

 

そのため、食生活のバランスを考えたり、ストレスや疲れを取りのぞくことが大切です。

 

また、加齢とともに減少し、状態も悪くなっていきます。

 

腸内フローラを良い状態で保つためには、善玉菌を常に増やしておくことが必要です。

 

悪玉菌が優勢になると、一気に病気になりやすくなったり、様々な不調が出てきてしまいます。

 

 

人工甘味料に注意

 

また、糖分をあまり摂ってはいけない糖尿病患者に推奨している人工甘味料は、糖尿病を悪化させることが明らかになりました。

 

この人工甘味料は、腸内フローラの状態も悪化させてしまいます。

糖分を摂ることを極端に避けたいあまり、逆効果になってしまったというわけです。

 

塩分も糖分も同じですが、人工的なものよりも、天然のものを摂っていれば問題はそれほどないと言えるでしょう。

それで、腸内フローラって大事?

 

腸内フローラの状態を良くすることは、体の健康を考える上で、あらゆる面においてメリットがあると言えます。

 

悪玉菌も含めて腸内フローラと呼びます。

 

状態を良くするには、ビフィズス菌や納豆菌、麹菌などの善玉菌を常に増やしておけるような食生活を心がけることが大切です。

 

>>>Top page